2013年06月13日

フッ素うがい、強い歯に

フッ素の洗口剤は、日本では歯科医の指示で購入。子どもたちの虫歯を予防するため、フッ素入りの水でうがいをする「フッ化物洗口」に取り組む自治体が増えている。うがいを行っている小学校を訪ねた。
「それでは元気よく、ブクブクうがい始め!」。児童たちが音楽に合わせてうがいを始めた。
 フッ化物洗口用に作られた1分間の曲だ。まずは正面を向いてブクブク。「今度は右側」「次は左側」といったかけ声に合わせて、首を前後左右に傾けて、口の中に行き渡らせる。

 「歯のエナメル質にフッ素が作用して、虫歯になりにくい強い歯にしてくれる。ごく初期の虫歯も修復してくれます」

 同小では毎週1回、金曜日の朝にうがいをしている。養護教諭が洗口剤を希釈して濃度0・2%の水溶液を作り、クラスごとのプッシュボトルに入れておく。担任がそれを教室に持って行き、児童のカップに10ミリ・リットルずつ入れていく仕組みだ。

 佐賀県は1999年から洗口実施を市町村に呼びかけてきた。3歳児の一人平均虫歯数が全国ワースト1位という不名誉な状態が続いたためだ。
 現在は公立小168校のうち166校が実施。幼稚園や保育園で約7割、中学校が3割強になった。希望しない家庭の子は水でうがいをするようにしている。
 文部科学省の2012年の全国調査では、佐賀県の12歳児の一人平均虫歯数は0・8本で、全国平均の1・1本を下回り、全国4位。九州・山口ではトップだ。

 日本では「フッ素を取りすぎると健康によくない」という意見もあるが、世界保健機関(WHO)は69年から「安全で効果的」として利用を勧めている。

 70年代からフッ化物洗口が普及した新潟県では、12歳児の一人平均虫歯数が13年連続で日本一少ない。厚生労働省は03年に指針を作成して洗口を推奨し、山口県や長崎県、熊本県、宮崎県も力を入れている。

 福岡県では、予防歯科の普及を目指すNPO法人「ウェルビーイング」(福岡市)が、幼稚園や保育園などで普及。フッ素の水溶液を入れるプッシュボトルやうがい用の歌「ブクブクキラー」のCDなどを開発し、販売している。
ラベル:虫歯 予防
posted by 8020 at 08:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

ニューヨークの審美歯科医院が歯を白くする食材を紹介

ニューヨークの審美歯科医院が歯を白くする食材を紹介しているのを発見

歯を白くする食材
チーズ:口の中の酸を保護するタンパク質、カルシウム、リンが豊富
ごま:歯垢を削り落としてくれる
鮭:骨や歯の健康に必要なカルシウムやビタミンDが含まれている
しいたけ:口の中のバクテリアの成長を妨げる
タマネギ:虫歯の原因のバクテリアを減少させる
パイナップル:歯についたシミを落とす
ブロッコリー:歯のエナメル質を守る、酸に強いバリアのような膜を作る鉄分を含む
しょうが:口の中の組織の健康を維持するための抗炎症作用の働きがある
にんじん:丈夫なエナメル質に必要なビタミンAを含む
バジル:口の中のバクテリアを減少させる天然の抗生物質

歯を白くする食べ物はどれも簡単に手に入るものばかり。
大切なのは、普段から意識して体にいいものを摂取するように心がけること。


そのほかに、歯のシミを招くNGな行為も紹介

歯のシミを招くNGな行為
歯の染みを防ぐために、コーヒー、お茶、紅茶、赤ワイン、コーラなど着色の濃い飲み物は飲み過ぎに気をつけ、ストローで飲むようにする・喫煙や、エナメル質を弱める酸の強いスポーツドリンク、ピクルスやケチャップのとり過ぎは、歯にしみがつきやすくなる

基本的に「白いTシャツにつくとシミになる食べ物は、歯にもシミを残す」。
このセオリーを心に留めて、これ以上歯にシミをつけないように日頃の食習慣を見直しを。

でも、一番は定期的な歯科医院への受診が一番ですね!
ラベル:
posted by 8020 at 08:28| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

「虫歯」削らずに治せる 初期段階の診断基準普及へ

虫歯というと、削って治すイメージが一般的。だが、初期の虫歯なら口内環境を整えれば歯の再石灰化が進み、削らずに治すことが可能だ。日本の診断基準では、穴が開いてからが虫歯とされるが、海外では初期段階の虫歯を診断できる基準「ICDAS」(アイシーダス、International Caries Detection and Assessment System=国際的う蝕(しょく)探知評価システム)」の普及が進み、日本でも導入の動きが広がっている。

 ◆穴が開く前に
 虫歯は、歯の表面に付いた歯垢(しこう)(プラーク)内の虫歯菌が作る酸が溶け出し、歯の表面のエナメル質に含まれるミネラル分(リン酸やカルシウムなど)が溶け出す「脱灰(だっかい)」によって起こる。通常は、脱灰が起こっても唾液の成分にはミネラル分が含まれているため、再石灰化される。
しかし、糖分の取り過ぎなどで脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、虫歯になる。初期の虫歯は、この脱灰が起こっている状態。歯の成分が溶け出しているため、白く濁ったシミのようになる。
「初期虫歯の状態なら適切なケアと治療で再石灰化が可能。穴が開いてからでは削る治療しかできない。治療した部分がまた虫歯になるケースも多く、穴が開く前に治療することが重要だ」
再石灰化にはまず、食事後の歯磨きで口の中の環境を整えるといいという。虫歯菌は砂糖などの糖分で増えて酸を生み出すため、しっかりと歯磨きをするといい。
「寝ている間は唾液が出ないため、再石灰化が行われない。夜寝る前の歯磨きはしっかりと行ってほしい」
唾液を出すことも効果的だ。食事のときによくかんだり、再石灰化を促すミネラル成分「CPP−ACP」の入ったシュガーレスガムを食べたりして唾液の質を高めるのもいい。

 ◆世界基準でも
初期虫歯から治療を始めようという動きは、世界的に始まっている。近年は虫歯予防に有効なフッ素入りの歯磨き粉などが普及。虫歯になるスピードが遅くなり、穴が開く前の、脱灰が始まった「初期虫歯」の段階で発見することが可能になった。
初期虫歯の治療に利用されているのが、世界の研究者がつくった虫歯の新しい診断基準「ICDAS」。これまでは世界的な虫歯の統一基準がなかった。2002年から研究が始まり、05年に完成した。
基準はコード0〜6の7段階。歯の見た目の状態で虫歯の進行度を区分しているのが特徴で、「健全な歯」はコード0。日本の診断基準では歯に穴が開いてからが虫歯とされるが、ICDASではエナメル質が変化している「初期虫歯」はコード1、2に区分され、治療の対象だ。
国内でもICDASのシンポジウムが開かれるなど導入の動きが出ている。「これまで、初期虫歯は予防という観点で捉えられていた。ICDASが導入されれば、患者も初期虫歯を早く自覚できる。穴が開く前でも病変。治療という意識を持つことでケアに力も入り、削る治療に進まないようにできるだろう」
ラベル:虫歯 欠損
posted by 8020 at 08:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

山中教授の研究に賞 親知らずからiPS細胞

親知らずなど歯の細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成した山中伸弥(やまなか・しんや)京都大教授と手塚建一(てづか・けんいち)岐阜大准教授のグループの共同研究が、国際歯科研究学会と米国歯科研究学会主催のウィリアム・J・ギース賞を受賞した。岐阜大学が7日発表した。

 手塚准教授らは岐阜大病院の協力を得て、治療で抜かれた患者の親知らずなどを使い、再生医療を研究。歯の中にある歯髄細胞に山中教授が発見した細胞を初期化する四つの遺伝子を入れ、iPS細胞にすることに成功した。

 手塚准教授らは日本人の約20%に適合するとされる「HLAハプロタイプホモ」と呼ばれる特別な白血球型2種類を歯髄細胞から初めて発見し、iPS細胞にした。山中教授が構想する「iPS細胞ストック」に応用できる可能性がある。

 歯学に関する専門紙ジャーナル・オブ・デンタルリサーチに掲載された論文から推薦で選ばれた。
ラベル:iPS細胞 歯,再生
posted by 8020 at 19:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

親知らずで歯の神経再生 臨床研究へ

虫歯の治療で抜いた歯髄(歯の神経)を再生させるため、親知らずなどから取り出した歯髄幹細胞を移植する臨床研究の実施を厚生労働省科学技術部会が18日、承認した。近く厚労省が正式承認する。 

20歳以上55歳未満の患者5人を対象に治療効果を確かめる。

 虫歯が進むと歯髄が炎症を起こして激しく痛む。歯髄を抜いて詰め物をすれば痛みを感じなくなるが、虫歯の再発に気付きにくくなったりする恐れがある。
ラベル:歯,再生
posted by 8020 at 07:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

最先端歯ブラシ

スマートフォンアプリと連携するスマートな歯ブラシ「Beam Brush」がアメリカで登場した。
ブラシにセンサーが組み込まれており、Bluetoothで専用アプリ(iOSとAndroidに対応)とリンクして、歯磨きをした時間などを記録できる。記録したデータはチャートにして見ることができ、磨き忘れもチェックできる。あらかじめ設定した目標を達成すると、実際に利用できる「ごほうび」がもらえるという。また米歯科医師会が推奨する2分間(日本では3分間ですが)の歯磨き時間をユーザーが守れるよう、2分間音楽を流すことが可能だ。楽しく歯ブラシをして欲しいですね♪。
ラベル:
posted by 8020 at 08:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

インプラントトラブルに関する報道について

 口腔インプラント治療は歯を失った場合のブリッジや入れ歯に代わる治療法であり、自分の歯を削らなくても良いこと、取り外す入れ歯ではなく固定するブリッジも可能となることから注目され、日常臨床で行われています。しかし、口腔インプラント治療には一般の歯科治療以上に適切な検査や診断、インプラントの埋め込み技術、かぶせ物(ブリッジなど)の適切な製作と装着が要求され、さらに治療に対する利点と欠点、リスクなどを十分に説明する責任が求められております。口腔インプラントを希望される患者には、比較的十分な骨が在り全身的にも健康な方から骨が無くまた全身的に疾患をもっておられる方まで様々な方々がいらっしゃり、これらの方々に対して歯科医師であればだれでも口腔インプラント治療を実施することが可能です。
 公益社団法人 日本口腔インプラント学会は口腔インプラントに関する研究を推進し、患者さんにより質の高い口腔インプラント治療を提供するために設立された学会です。この目的のため平成19年より口腔インプラント専門医制度を立ち上げ、患者さんに「安全・安心の口腔インプラント治療」を提供すべく様々な取り組みを行ってきております。この口腔インプラント専門医は学会で認定した研修機関での5年間の臨床経験と、知識を問う筆記試験、面接試験、症例報告試験などを高い水準でクリアした歯科医師であり、その数は平成24年6月の時点で784名です。これらの試験は簡単なものではなく、さらにこの専門医資格は5年ごとの更新が必要で、その間に進歩する新しい診断技術や治療法を研修し、更なる安全・安心な医療を提供するため、学会で企画する専門医臨床技術向上講習会や教育講演、認定講習会などを受講する義務があります。この点から、本学会が認定する口腔インプラント専門医は高いハードルが課せられていると言えます。しかしながらこの口腔インプラント専門医は、厚生労働省が定める看板やホームページ等に掲載可能な専門医としては認められておりません。我々は、専門医を公的に認めて頂き、国民の皆様へより安全・安心な口腔インプラント治療を提供すべく努力を重ねていきたいと考えます。
 患者さんにはインターネットや広告等に惑わされることなく、適切な口腔インプラント治療を行える医療機関、歯科医師を選んで受診して頂きたいと思います。なお、公益社団法人 日本口腔インプラント学会専門医の名簿に関しては、本学会のホームページをご覧いただければと思います。

平成24年7月1日
公益社団法人 日本口腔インプラント学会

2012年09月26日

水素水で歯周病予防 活性酸素が減少

分子状の水素を溶かした水「水素水」を飲むことで、歯周病を予防できるとの研究結果を発表した。
歯周病悪化の一因となる活性酸素が血液中で減っており、水素水が減少させたとみられる。今後、ヒトでも研究を進める。
 歯周病を引き起こしたラットを2グループに分け、一方に水素水、もう一方に蒸留水を1カ月飲ませた。すると、水素水のグループは、歯周病の進行により発生する細胞の数が半分程度に抑えられ、血液中の活性酸素の濃度も低かった。
分子状水素は活性酸素を抑制できるとして、糖尿病や動脈硬化への治療効果が報告されている。
「これまで歯周病の予防は歯磨きや歯石除去など口の中に限った方法が多かった。今回の発見を新しい予防法の開発につなげたい」とした。
posted by 8020 at 19:46| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

歯周病で欠けた骨を再生

様々な組織や臓器の細胞の基となる幹細胞から分泌されるたんぱく質「サイトカイン」を移植し、骨を再生する方法を、研究グループが開発した。
骨だけでなく幅広い組織や臓器の再生への応用が期待されている。米再生医療専門誌「ティッシュ・エンジニアリング」に1日、発表される。
この方法は、歯周病や事故などで顎の骨が欠けた患者が対象。腰から骨髄液を採取して、骨や脂肪などの細胞に変化できる「間葉系幹細胞」を抽出して培養。その際にできた液体を含んだセラミックなどを、患者の患部に移植すると、半年で新たな骨が再生できるという。
この培養液には細胞の機能調節にかかわるサイトカインが含まれ、体内に元々ある幹細胞の活動を促す働きがあるためとみられる。患者計38人の顎の骨の再生に成功した。
posted by 8020 at 08:22| 歯周病(インプラント研究会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

おなかの脂肪で歯茎再生

重い歯周病で失われた歯茎などを、患者自らの皮下脂肪から抽出した幹細胞を移植して再生する世界初の臨床研究を始める。

 動物実験では再生効果が確認されており、先月下旬、厚生労働省のヒト幹細胞に関する審査委員会に研究計画を提出した。認められれば年内にも実施し、安全性や有効性を確かめる。

 歯周病は成人の約8割がかかり、歯を失う最大の原因になっている。感染による炎症で、歯茎と、その下の歯槽骨やセメント質などの歯周組織が破壊され、口臭の原因にもなる。

 臨床研究は、中等症から重症の患者12人が対象。局所麻酔をした患者の腹部から皮下脂肪を30-10cc採り、歯周組織の元になる幹細胞を抽出する。3週間、培養した後、歯槽骨が欠けた部分に移植する。

ラベル:歯周病
posted by 8020 at 08:31| 歯周病(インプラント研究会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。