2008年07月24日

インプラント治療(糖尿病と骨粗鬆症)A

生活習慣病と糖尿病

我々日本人の生活パターンの欧米化と飽食の時代の到来とともに、糖尿病を始めとした生活習慣病がご存じのように本邦においても増加の一途をたどっています。糖尿病患者さんの治療は、種々のインスリン注射剤および経口血糖降下剤の開発により多様化しつつありますが、これら支持療法の発達した今日では、個々の糖尿病患者さんの健康維持は一昔前に比べて徐々に改善されつつあるように見受けられます。

また種々の臨床試験や疫学的研究により糖尿病における血糖管理の意義、合併症を防止するための血圧管理の重要性が科学的に明らかとされつつあります。このような環境の下で、糖尿病の患者さんの寿命も延長してまいりましたが、それにともない3大合併症(腎症、神経症、網膜症)に加えて骨粗鬆症も、一つの臨床上無視し得ない合併症となってきました。
インプラント 骨
posted by 8020 at 08:56| インプラントと骨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。