2008年09月02日

インプラント相談

昨日もインプラント相談の患者さんが遠くからいらっしゃいました。

インプラントの相談の内容はいろいろですが、一番多いのはやはり麻酔に関する相談です。手術をするのにどのような麻酔をするのか、途中で痛くならないか、・・・。
基本的にIDCインプラント研究会も提唱しているように、麻酔は専門の先生にお願いするのが良いと思います。ですから手術は少なくとも2名以上の先生が立会うことになります。どんなスーパードクターでも一人の先生ですべてが完全には出来ません。それぞれが分業して初めて良い治療が行えるからです。
インプラント専門医と連携しながら、患者さんの全身状態を管理する歯科麻酔医が必要なのです。きちんとした病院は必ずいます。常勤している事が理想です。いつでも相談ができますし、アフターケアも安心だからです。歯科麻酔医は現在日本でも少ないために必ずしも常勤がいない病院もあります。少なくとも手術中だけでも歯科麻酔医が来てくれている病院でのインプラント手術をお勧めします(常勤がベストですが、手術中だけでも認定基準とします)。逆に歯科麻酔医がいない病院でのインプラント治療はお勧めできません。
posted by 8020 at 08:25| インプラントと麻酔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

インプラントと麻酔

インプラント手術を行う時の患者さんの心配事の一つに麻酔があげられます。
インプラント手術に際しては、患者さんに与える苦痛を最小限にするために、安全で確実な麻酔が必要になります。
全身麻酔が必要なのか、とよく質問されます。
全身麻酔よりも上下の噛み合わせ関係を手術中に確認するためにも、局所麻酔が適切と言えます。インプラント手術の麻酔は、最初に笑気併用静脈内鎮静法を行います。これを行いますと、麻酔をしたことを覚えてない方がほとんどです。

麻酔はまず、表面麻酔を行います。表面麻酔は粘膜面より神経を麻痺させる方法です。表面のみに有効なので、注射の時の痛みを軽減させるものです(麻酔をしたこと自体を覚えている方がほとんどいませんが、念のために)。
インプラント手術の時間は通常1時間以内です(簡単なインプラント手術なら15分以内に終わります)。

麻酔には浸潤麻酔と伝達麻酔があります。同じ麻酔液を用いても、それぞれ効いている時間は異なり、浸潤麻酔は2〜3時間・伝達麻酔は4〜5時間効きます。
表面麻酔を行ったら浸潤麻酔を行います。注射針を浅く刺入して、ゆっくりと麻酔液を注入します。次いで少しずつ深く進めていきます。注入速度もゆっくりと行うことで痛みの軽減となります。麻酔液が十分に浸透すると術中の出血の軽減にも有効です。
次に伝達麻酔を行います。インプラント手術中に麻酔効果が消失し、疼痛が出てきますと、麻酔液を追加しても効果はあまり期待できません。このようなことが起こらないように、伝達麻酔も併用します。

特に下顎の奥歯相当部への麻酔は非常に効きずらいので、毎回併用します。笑気併用静脈内鎮静法を行いますので、処置中の緊張感は持たずに行えます。
全身麻酔とは異なりますので、入院は必要ありません
posted by 8020 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラントと麻酔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。