2010年08月31日

「歯科治療難民」の根絶目指す、国立がん研究センター

国立がん研究センターは8月31日、記者会見を開き、日本歯科医師会と口腔ケアを中心とした地域医療連携に取り組むことを明らかにした。同日、日本歯科医師会と「がん患者歯科医療連携合意書」を調印した。
第一段階として、がん研究センターが1都4県(千葉、埼玉、神奈川、山梨)の歯科医療機関と連携して、同センターで手術する患者に対し、口腔ケアを実施する体制構築を目指す。それに先立ち、今年9月から12月にかけて、がん研究センターと日本歯科医師会が協同で、計5会場で1都4県の歯科医療機関を対象に、「がん患者歯科医療連携講習会」を開催する。
1都4県での第1回講習会終了後、2011年初めから連携を開始する。対象とするのは全身麻酔で手術を受ける予定の患者(年間全身麻酔患者数は約4000人で、うち9割が関東圏の患者)。(1)入院予約の段階で手続きし、手術前に、1都4県の連携歯科医療機関で口腔ケアを受けてもらう、(2)がん研究センターでの入院中の口腔ケアに関する情報提供を連携歯科医療機関が行う、(3)退院後も口腔ケアが必要な場合は、連携歯科医療機関が担当する――といった流れを想定している。
これらの連携の成果を評価・確認し、その後、対象患者をがん化学療法・放射線治療前後の患者、がんの終末期の患者にも広げることを検討するともに、徐々に各地域のがん診療連携拠点病院と都道府県歯科医師会の連携に発展させ、2013年度をめどに全国に普及させることを目指す。
同センター理事長の嘉山孝正氏は、「従来のがん医療では命を救うことに精一杯だったが、最近では療養生活の質を重視した治療が求められるようになった。口腔ケアにより、生活の質が向上するだけでなく、がんの予後も向上するなどのエビデンスがある」と説明した上で、次のように語った。「今回の調印は、がん研究センターが日本歯科医師会と公的に組織同士で連携し、事業に取り組んでいくことを示したものであり、この点に大きな意義がある。個人のつながりで連携したのでは、システムとして継続しない。がん研究センターは、全国のがん診療連携拠点病院のモデル病院になる義務も負っている。今回の歯科医療との連携事業がモデルケースとなり、全国的に連携を普及させることを目指している」(嘉山氏)。
日本歯科医師会会長の大久保満男氏も、「『歯科医療は人々に生きる力を与える医療』であり、がん患者が生きる力の支えになれたらと考えている。従来は口腔合併症は仕方がないとする医師が多かったが、最近、きちんと口腔ケアを行うことにより、合併症が生じにいくことが分かってきた。また早期から患者が経口摂取できるようになれば、早期治療にもつながる」と、がん患者に対する口腔ケアの重要性を強調した。大久保氏は前静岡県歯科医師会長であり、静岡県立静岡がんセンターとの連携に取り組んできた。「大都会でこうした連携が可能なのか、今回のケースが極めて大きな試金石になる。大都市でできれば、全国で可能になる」。
連携に当たって、「がん患者歯科医療連携講習会」を実施するのは、「我々はがんという疾病について、正面から向き合い、口腔ケアを行う知識を全員が持っているわけではない」(日本歯科医師会常務理事の池主憲夫氏)ため。口腔ケアという技術自体は一般の患者を対象にした場合でも相違はないが、その背景にあるがんという疾患を理解し、「がん患者に対する共通認識を持つ場」(大久保氏)、それが講習会の位置づけだ。

がんの治療開始「前」からの口腔ケアが重要

 がん研究センターの資料によると、「がん治療には様々な口腔合併症が発症するとされ、一般的な抗がん剤治療を行う患者の40%、大量に強い抗がん剤投与を行う骨髄移植治療の80%、頭頸部がんの放射線治療では100%と報告されている(米国がんセンターの報告による)。また、頭頸部がん・食道がんのような侵襲性の大きい手術では、局所合併症や肺炎などが高率で起こるが、口腔ケアを適切に行うと、発症リスクを減らすことなどが可能という。
国立がん研究センター中央病院の歯科受診患者数は、2008年6月1日から2010年5月末までの実績で、延べ5270人。その9割が口腔合併症への対応依頼だったという。しかし、歯科医師は1人、歯科衛生士は非常勤で0.8人にすぎない。「看護部も毎日のように口腔ケアを実施しているが、既に入院した時点から非常に口腔内に問題のある方もおり、限界はある」(国立がん研究センター中央病院頭頸部腫瘍科・形成外科科長の浅井昌太氏)。
同院看護部長の丸口ミサエ氏も、「いったん悪くなってしまうと、改善は難しい。入院する前から専門の医師が指導することにより、『きちんと口腔ケアをしなけばならない』との意識で、患者さんが入院してくることが期待され、私たちが引き継いで口腔ケアを実施していくことが可能になる」とし、退院後も歯科医療機関がフォローすれば患者のメリットは大きいとした。

「歯科のマンパワー的にも十分に対応可能」

 歯科医療の連携体制を構築するのは、「口内不衛生に起因する口腔内合併症を回避するためには、がんの治療を開始する『前』から、口腔ケアを行うことが重要だが、マンパワー的にがん研究センターだけでは難しいため」(中央病院歯科口腔科の上野尚雄氏)。
「がん研究センターで歯科医師を増員する予定は」との質問に、嘉山氏は「改革にはプライオリティーがあり、改革しなければならないことは山ほどある」としつつ、「明日から増やすとは約束はできないが、歯科医師を増やす優先度は高い」と回答した。
とはいえ、上野氏が指摘するように、国立がん研究センターで「治療前から」口腔ケアを実施するのは容易ではない。その解決策が今回の連携体制の構築だ。日本歯科医師会の池主氏が示したデータによると、2008年10月の歯科診療所数は6万7779カ所、1施設当たりの歯科患者数は1日19.3人。がんで医療機関を利用する患者数は外来・入院合わせて1日29万7800人。池生氏は、「毎日30万人の方が、がん治療を受けており、その数は1歯科診療所当たり約4人。歯科医師はマンパワー的にも十分に対応できる」と、今回の歯科連携を全国展開することは可能だとした。
ラベル:歯科
【関連する記事】
posted by 8020 at 19:55| 歯科関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

山口・光市病院問題 大和地区住民が新たな会を結成

tekiousyou.gif光市病院問題:大和地区住民が新たな会を結成 /山口

光市大和地区の住民団体「大和総合病院の存続と充実を願う会」の会合が8日、同市岩田の大和公民館であった。同会は「大和地域の発展を願う会」として新たな活動をすることになった。
会は08年12月に発足、市立大和総合病院に救急医療を残してほしいと、約8400人分の署名を市川煕(ひろし)市長、請願書を議会にそれぞれ提出した。しかし6月議会で、病院は療養型中心になることが決まり、会の活動内容と名称を新たにすることにした。
大和総合病院の外来診療や救急外来の現状維持▽JR岩田駅周辺のまちづくりの充実--などに向けた活動をする。会長には6月に亡くなった市川静雄氏に代わり小川泰治副会長(79)が就任した。
ラベル:山口県
posted by 8020 at 08:28| 山口県関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

チャーチルの入れ歯に200万円

入れ歯.jpg英国のチャーチル元首相の入れ歯が29日、東部ノーフォークで競売に掛けられ、予想落札額の3倍近い1万5200ポンド(約207万円)で競り落とされた。
 入れ歯は歯の不調に悩まされていた元首相の愛用品。特注のデザインで、第二次大戦中に元首相が名演説を行う助力となったとされる。競売商キーズによると、購入したのは英在住の匿名コレクター。 
ラベル:入れ歯
posted by 8020 at 08:12| 入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

歯茎からiPS細胞作製へ

インプラント(人工歯根)や歯周病の治療、抜歯の際に切り取った歯茎の組織から新型万能細胞(iPS細胞)をつくる同大大学院歯学研究科の研究を承認したと発表した。
切除した歯茎の組織は捨てられていたといい、「患者の負担を最小限にiPS細胞ができれば、再生医療に大きな貢献をできる」としている。人での成功例の報告はないが、マウスでは皮膚の細胞から作製するよりも7-10倍効率良くつくれるという。
同大歯学部病院を受診した患者に同意を得た上、歯茎の組織から細胞を分離して培養。iPS細胞を開発した京都大の技術を使い、この細胞からiPS細胞をつくり、マウスに移植して万能性を確認、あごの骨の再生医療などにつなげたいとしている。
ラベル:
posted by 8020 at 08:12| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

幹細胞で歯ぐき再生、広島大がヒトで成功

 歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功した。患者を対象にした臨床研究で、移植をした患部は4-8ミリほど歯ぐきが回復した。細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、実用化を目指す。
広島大の栗原英見教授(歯周病学)らの臨床研究で、18日から広島市である日本再生医療学会で成果を発表する。
30-65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が小さくなった。移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。
歯周病患者は軽症者も含めると国内に約3700万人いるとされる。今回の臨床研究は軽症者を対象としたが、今後、中・重症者でも効果が出るよう、採取した細胞からある程度組織を作成したうえで移植するなどの方法で臨床研究を重ねる。
教授は「治療へ向けた基本的なスキーム(計画)は出来上がった。これを進化させてさらに効果を高め、多くの人に使える治療法を確立させたい」と話している。
ラベル:歯周病
posted by 8020 at 08:17| 歯周病(インプラント研究会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

インプラントQ&AJ

インプラントよりブリッジにした方が簡単と言われ、ブリッジの治療をしています。どうですか?

ブリッジでは土台となる歯で全てを支えますので、本来の受け持ち以上に力がかかってしまいます。また何本かの歯を連結することになるので、どちらか一方にトラブルが起きた時にはもう一度両方の治療が必要になります。それに対してインプラントは周りの歯に対しても余計な負担が増えないので安心です。
山口県 インプラント50代女性
posted by 8020 at 22:26| インプラントQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

歯磨き行動の脳への作用を研究

現在、むし歯や歯周病などのさまざまな口のトラブルに関する研究や美しい歯に関する研究などを通し、口内の健康価値の提案に取り組んできた。
このほど、歯磨き行動が脳を活性化し、気分をリフレッシュする効果を持つ可能性を見い出した。
具体的な研究内容としては、計算作業による疲労付与後に歯磨き行動をしたときの脳への作用を客観的に評価するため、脳と心理の状態を同時に測定する“統合生理研究手法”を用いて検討。脳の活性化は、脳の疲労度や注意力に関係する指標などを用いて評価し、脳の疲労度はフリッカーテストを、注意力は脳波の測定で実施したという。また心理状態は、自己評価を数値化するVAS法 により評価している。
その結果、疲労後に歯磨きをすると、しない場合と比べ、脳の疲労は有意に低減。また注意力も高まる傾向が認められたという。これより、歯磨き行動により脳が活性化したことが推測されたのだ。さらに心理状態についても、疲労後に歯磨きをすると、リフレッシュ感が有意に高まり、集中力やすっきり感も上昇する傾向が認められたという。歯磨き行動には、仕事や勉強などで疲れた時に脳を活性化する効果があるとも考えられるのだ。
ラベル:歯,歯ブラシ
posted by 8020 at 14:13| 歯ブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

自分の歯を目に移植

約9年前に失明した米国人女性(60)が、歯を用いた人工角膜の移植によって視力を回復したと、手術を行った米マイアミ大学(University of Miami)バスコム・パルマー眼研究所(Bascom Palmer Eye Institute)の医師らが16日、明らかにした。
ミシシッピー(Mississippi)州在住のシャロン・ソーントン(Sharron Thornton)さんは、2000年にスティーブンス・ジョンソン症候群にかかり、失明した。角膜移植や一般的な人工角膜は拒絶反応があったという。
そこで医師らは、ソーントンさんの犬歯を周囲の骨ごと取り出し、形を整えたのち、穴を開けてそこに光学レンズをはめ込む手法を取った。この手法では、レンズをはめた歯は患者のほおまたは肩の皮下に移植され、歯とレンズがしっかり結合するまで2か月間放置される。こうしてできあがった人工角膜に細かい処置を施した後、目の中心に移植した。
包帯は2週間前に外されたが、ソーントンさんはその数時間後に物体や人を認識できるようになり、2週間後の今では新聞も読めるまでになった。「まだ見たことのない7人の孫たちの顔を早く見たい」と話しているという。
この手法は、もともとイタリアで開発されたが、米国では今回が初の実施。患者本人の歯を使用するため、角膜移植への拒絶反応がある人でも大丈夫だという。
ラベル: 移植
posted by 8020 at 13:31| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

歯磨きでがんリスク3割減

1日2回以上歯を磨く人が口の中や食道のがんになる危険性は、1回の人より3割低いとの研究結果を、愛知県がんセンター研究所(名古屋市)がまとめた。全く磨かない人の危険性は、1回の人の1・8倍だった。
約3800人を対象とした疫学調査の結果で、歯磨き習慣と発がんの関連を示す報告は国内初という。横浜市で10月1日から開催される日本癌(がん)学会で発表する。
同研究所疫学予防部の松尾恵太郎(まつお・けいたろう)室長は「口やのどには発がん物質とされるアセトアルデヒドを作る細菌がいる。歯磨きで細菌や発がん物質が洗い流されるので、少なくとも朝と夜に磨けば、がん予防に役立つ」と話している。
同センターを受診した人の中から、口の中やのどなどの頭頸部(けいぶ)がんと食道がんの患者計961人と、がんでない2883人に、歯磨きや喫煙、飲酒などの習慣を聞いた。年齢は20〜79歳で平均は61歳。
解析した結果、2回以上磨く人は1回の人に比べ、がんになる危険性が約29%低く、全く磨かない人の危険性は2回以上磨く人の2・5倍だった。喫煙や飲酒をする人だけの解析でも同様の結果で、歯磨き習慣がないことが、ほかの危険因子と関係なく、独立したがんの危険因子であることを強く示すものだという。
ラベル:歯ブラシ
posted by 8020 at 08:22| 歯ブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

インプラント治療のトラブル(失敗や問題点)@

インプラント治療のトラブル(失敗や問題点)
インプラント治療は現在多くの歯科医院・大学病院で非常に多く行なわれています。そして残念ながらトラブル(失敗や問題点)も報告されています。きちんとした知識と技術に基づいてインプラント治療は行なわれないと大きなトラブルや失敗になってしまいます。ここでは、大きなトラブル・失敗になる前にきちんと対応できるように歯医者も一緒になって確認してみましょう。

インプラント治療トラブル(失敗や問題点)その@
〜インプラント手術後、1週間経過しても疼痛(痛み)が持続している。
インプラント手術後の痛みは反応性炎症が主で、通常一過性のものです。手術の大きさ範囲等によりますので、一概には言えませんが、術後1週間を経過しても疼痛(痛み)が持続している場合は、手術部位の感染、あるいは隣在歯とインプラントが近接し、歯根膜炎様の疼痛(痛み)を邪気していることを考えます。

対応:
・手術部位の排膿、膿瘍形成等の術後感染所見の確認
・血液検査による急性炎症所見の確認
・エックス線画像の確認
臼歯(奥歯)であれば・・・下顎は神経損傷の確認
・・・上顎はサイナス(上顎洞)穿孔の確認
・インプラントと隣在歯の関係・・接触あるかの確認
・心因性疼痛(痛み)の確認

歯科医院・大学病院(歯医者)サイドの予防策
細菌感染対策と手術部位の解剖学的構造の充分な把握
・ 慢性感染巣
インプラント埋入手術処置部位の近くの慢性感染巣(根尖病巣、歯周病、上顎洞炎など)の存在は、インプラントへの感染や感染病巣の急性転化等を引き起こし、化膿性炎症による疼痛(痛み)の原因となります。感染病巣はインプラント処置手術前に治療をしておくことが原則です。
・ 術後感染予防
インプラント埋入手術は人工物を生体に埋め込む治療であり、通常の創傷治癒と比較し創閉鎖を遅らせる傾向にあります。したがって軟組織が治癒するまでの期間(5〜7日間)は予防的抗菌薬の投与が必要です。抗菌薬の種類は抜歯等の小手術に準じて選択します。歯科医院(歯医者)サイドは患者さんが服用しないことも想定すべきです。現在、ジスロマック等は短期間の服用で長期間の効果が得られます。特にジスロマックSRは1回の服用で1週間の効果があります。このようなことも考えてくれる歯科医院(歯医者)は、患者のために優しいといえます。
・ 解剖学的構造物の把握
インプラント周囲の解剖学的構造物(下歯槽神経、上顎洞、隣在歯)と予定するインプラントとの三次元的位置関係をレントゲン、模型等で充分に確認しておくことが必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。